新着情報新着情報

なごみこども園 ホーム新着情報園長のひとり言新たな時代の生き方 【園長のひとり言】

2021.01.11新たな時代の生き方 【園長のひとり言】

新たな年のはじまり。それなのに例の流行り病のおかげで何だか気持ちが、もやっとしたままです。寒さと乾燥がさらなる感染を呼び、またまた緊急事態宣言が発せられる始末。いつになったら終息するのやら。

ただ少し気になるのは最近のニュースや報道番組で無責任なコメンテーターだけでなく、さまざまな専門家が、専門外の内容について平気で発言しているってこと。よく目にするのは治療や症状の話しではなく、「GO TO トラベル」をやめろとか「飲食店」を閉めろとか「緊急事態宣言」を出せ、とか言うお医者さん。

もちろん、それぞれに個人的な見解があるのだろうけれど公共の電波で専門外のことを根拠なく堂々と発言されたら、何が真実か分からなくなってしまいます。早くワクチンが日本でも承認されることを祈るばかりだけど、もしそれが普及し集団免疫を獲得できたらコロナ前の世界へ本当に戻れるのだろうか…。

そりゃあ、季節に関係なくマスクをする人はいなくなるだろうけれど元に、ではなく新たな時代が始まる気がしています。

例えばZOOMというアプリケーション。米国のZOOMビデオコミュニケーションズが提供するクラウドを使用したWeb会議サービスなのだけど、コロナ禍で利用者が急増しています。この会社の創業は2011年と比較的新しいのだけど昨年1年間で株価は5倍、6倍と急騰。時価総額は1400億ドル(約14兆6400億円)まで跳ね上がり、日本のソニーや任天堂を軽く上回るほど成長しています。

ZOOMは私も仕事でよく使うのですが全国の保育関係者と会議や研修が手軽にできて、とても便利です。もちろんZOOMを使用したビデオ会議は感染予防を機として始めたのですが、おそらくこれらは一過性のものではなく今後も定着していくはず。巷でオンライン授業や在宅勤務という働き方が広がっているのも、この技術の普及が大きいと思います。

5G、6G、AI、IOT、ブロックチェーン、EV…と、これからもテクノロジーはどんどん進歩していきます。アメリカの電気自動車メーカー、テスラのイーロンマスクが世界一の富豪の座に就いたのはそれらの未来を象徴している気がします。ちなみにイーロンマスクの純資産は約19兆6000億円らしい。ここまで桁が大きいと、どのくらい裕福か分かりません(笑)

それはさておき、これらのテクノロジーやイノベーションは当然のことながら、私たちの生活をどんどん変えていきますし、子どもたちはそれらの未来で生きていかなければなりません。だからこそ必要なのは予測不可能な未来のなかでも柔軟に対応していける力を培っていくこと。

その為には乳幼児期から多様な経験や感性に触れることが大切で、その意味において、こども園の果たす役割は大きいと考えています。本年も環境に願いを込めて、質の高い教育・保育をおこなって参りますので、宜しくお願い致します。

新着情報の一覧に戻る

書類送付先

なごみこども園 採用担当 
〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町1367-1

WEBでエントリー
(実習・見学希望の方もこちらから)

エントリー

お電話でのお問い合わせ

053-420-7530
PAGE TOP