園長のひとり言ー思い出

環境を通しておこなう躾 【園長のひとり言】

思い出 
2014-07-01

しつけ。いつ頃から、どのようにしておこなうべきかと悩む方がいるかもしれない。子どもに対するソレは、生活習慣や社会的行為が身につくようにするものだけど、正直に言えば正解はありません。そもそも生活様式や社会的価値は時代によって変化するものだから。

でも、それだと余計に迷ってしまうかもしれないので、なごみ流のしつけを少しご紹介します。

まずこの時期、大切にしたいのはあまり感情的にならず、言葉で、ではなく環境を通して繰り返し、繰り返しおこなうことです。一見、厳しくしつけをすれば、しっかりと身につきそうだし、瞬間的には効果があるようにみえます。が、はっきりと言います。それは違います。

片づけを例にとってみましょう。「遊んだら自分で片づけないさい」と、口を酸っぱくして言い聞かせる、とても厳しいお母さんがいたとします。例えば、ですよ。

でも、そうやって育てられた子どもは、整理整頓の習慣が身に付くかというと・・・残念ながら結果はそうなりません。お母さんの前では、するふりくらいするようになるかもしれないけれど、ね。怖いから。

一方、環境を通して恒常的におこなったとしたら。つまり、言葉で、それを促すとしても大人の手で遊んだ後も積極的に綺麗な状態を保っていた場合です。それは、片づけの習慣を形成するのではなく、子どものなかに部屋は常に整っているもの、という感覚を養っていきます。で、一旦その感性が身についてしまえば、成長するにつれて、汚れている状態がとても心地悪いものとなります。そうなれば、誰に言われることなく片づけを始めます。人は不快な状況をそのままにはしておけませんから。ぜひ確かめてみてください。きれい好きの人の親御さんは、きっときれい好きです。

言われてできることと、言われなくてもできること。行為としては、同じでも内容が全く異なりますし、もし後者を望むとしたら環境を通したアプローチが断然おススメです。

と、いう訳で余白の関係により、今回はしつけの総論になってしまいましたが、年齢や発達ごとのものは、各担任までお気軽にお尋ねくださいね。

サツマイモと落花生の苗植え

思い出 
2013-05-28

ブルーさんがサツマイモと落花生の苗を植えました。
ひまわり

れんげ


サツマイモはツルの向きに注意して植えました。
秋の収穫が楽しみですね(^o^)/

端午の節句

思い出 
2013-05-02


鯉のぼりのお話を真剣に聞いていた子どもたち(^o^)

わらべうた「こいのたきのぼり」を歌いました。

午後は柏餅作り。
おいしかったね!

節分

思い出 
2013-02-01


最初に節分についてのお話を聞きました。今年の恵方は「南南東」です。

鬼が…みんな大騒ぎ(>_<) 勇気を出して豆を投げました!
鬼が逃げていった後は、お楽しみのお菓子まき(^o^)/

ブルーさんは真剣でした。

すぎなさんもクラスでお菓子をまきました!

お芋堀り

思い出 
2012-10-26

気持ちの良い秋晴れの中、お芋堀りをしました!

みんな大きなお芋を嬉しそうに持ち上げていました!
たくさん収穫できましたね(^o^)

運動会

思い出 
2012-10-13

今年も三方原小学校の体育館をお借りして開催しました!

ブルーさんとパープルさんによるプレイバルーン

オレンジさんの徒競走


ブルーさんとパープルさんによる綱引き

ブルーさんの玉入れ

どの競技もみんな頑張りました!
保護者の皆様ご協力ありがとうございましたm(__)m

なごみの夏、祭り。

思い出 
2012-07-21


百園子どもラッパ隊のみなさんによるファンファーレで元気に始まりました!


ひまわり組とれんげ組による盆踊り(^o^)/

ラストは手筒花火・打ち上げ花火で盛り上がりましたヽ(^。^)ノ
ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

落花生の種をまきました

思い出 
2012-04-06


収穫が楽しみですね(^o^)

春が来た

思い出 
2012-03-15



なごみ保育園の園庭の桜が咲きました!
みんなで楽しくお花見をしました(^^)

サンタさんがやってきた。

思い出 
2011-12-28

くりすます1.JPGクリスマス2.JPG
今年もなごみ保育園にサンタさんがきてくれました。
サンタさんが外から手を振ってくれて、こどもたちは大喜び。
プレゼントももらって、おいしいごちそうをお腹いっぱい食べて
楽しい時間をすごしました。

« 前の記事へ