トップページへ戻る
ご挨拶 施設の目的 施設案内 日課/年間行事 沿革/概要 苦情解決 お問合せはこちらへ

« 2014年09月 | メイン | 2015年01月 »

2014年10月23日

平成26年6月~平成26年11月

平成26年6月11日から平成26年11月11日までに寄せられた苦情は2件ありました。
・ショートステイ利用者への投薬ミスがあり、保護者より対応の不備について苦情がありました。保護者と話し合いを行いショートステイ受け入れ時のマニュアルを見直し、改善することで納得していただきました。
・帰宅の際に左目が腫れており他児からの暴力があったのではないかと苦情が浜松市児童相談所を通してよせられましたが、状況を確認したところ、自ら転んだということが判明した為、保護者に説明をし納得していただきました。

平成26年2月~平成26年6月

平成26年2月7日から平成26年6月10日までに寄せられた苦情は1件ありました。
・入所児童が職員から不適切な声掛けをされたと保護者より申し出があった為、事実確認をし、入所児童及び保護者に謝罪を行い、納得していただきました。

平成25年10月~平成25年2月

平成25年10月11日から平成26年2月6日までに寄せられた苦情は1件ありました。
・平成25年10月25日、入所児童から、児童及び職員から不適切な対応があったとの、苦情があったため、浜松市児童相談所、浜松市障害保健福祉課に報告をしました。児童相談所における聞き取りの結果、児童間における不適切な対応については事実確認ができたため、該当児童に対して注意を促すとともに、児童相談所の心理士と連携して指導に当たることとしました。職員からの不適切な対応については、浜松市障害保健福祉課による職員への聞き取りを行った結果、そうした事実は確認されなかったため、入所児童に説明をし納得していただきました。

平成25年6月~平成25年10月

平成25年6月5日から平成25年10月10日までに寄せられた苦情は2件ありました。
・平成25年7月9日、ショートステイの利用者への投薬ミスがあり、保護者より対応の不備について苦情が寄せられました。保護者と話し合いを行い、ショートステイ受け入れ時のマニュアルを見直し、改善することで納得していただきました。
・平成25年11月6日、帰宅した際に左目が腫れており、他児からの暴力があったとのではないかとの苦情が浜松市児童相談所を通して寄せられましたが、状況を確認したところ、自ら転んだということが判明した為、保護者に説明をし納得していただきました。

Copyright(c)2003 wakoikai. All Rights Reserved.