トップページへ戻る
ご挨拶 施設の目的 施設案内 日課/年間行事 沿革/概要 苦情解決 お問合せはこちらへ

« 2008年10月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月26日

クリスマス会

クリスマス会.JPG


12月17日(水)子ども達が待ちに待ったクリスマス会の日、ジャスコ浜松西店の皆様が、サンタクロースに扮して朝霧荘に来荘されました。この日は、誕生会も行われ、12月生まれの子ども達と職員12名のお祝いも行いました。ジャスコサンタさんたちは、事前に子ども達から欲しいプレゼントを聞いて、この日のために準備してくだいました。荘外学習で購入したプレゼントと一緒に、一人ひとりに分けてくださると、子ども達からの顔からは満面の笑みがこぼれ落ちていました。また、誕生会のおやつにと、ケーキとシャンメリーも振舞っていただき、子ども達にクリスマスの雰囲気を存分に味わわせてくださいました。ジャスコ浜松西店の皆様方のご好意には本当に感謝です。どうもありがとうございました。

モラロジー クリスマスコンサート

モラロジー クリスマスコンサート.JPG


12月7日(日)毎年この時期になると、ボランティア団体、モラロジー浜松西事務所の皆様が朝霧荘に来てクリスマスコンサート開いてくださいます。この日も、子ども達にクリスマスソングの合唱を披露してくださり、きれいな歌声を聞かせてくださいました。楽器演奏や手品もあり、子ども達が楽しんで参加することができました。また、子ども達のおやつにと、心のこもった手作りマドレーヌをくださり、他にCDデッキも寄贈してくださいました。こうしたお心遣いには本当に感謝しきりです。すばらしいコンサートをどうもありがとうございました。

イオン志都呂 ファンタジーアイランド招待

ファンタジーアイランド招待.JPG


12月3日(水)イオン志都呂店ファンタジーアイランドの皆様が、子ども達をご招待してくださいました。今回は6月に続き2回目のご招待ということで、前回行く事のできなかった幼児、小学生15名が参加しました。スタッフの方々は、子ども達の声にていねいに耳を傾けてくださり、ユーフォーキャッチャーやコインゲーム、店内のメリーゴーランドなど、いろいろな遊具を体験させてくださいました。あっという間の1時間半でしたが、マスコットのララちゃんとも楽しく触れ合うことができ、子ども達にとっては夢のような時間であったと思います。子ども達はユーフォーキャッチャーで取ったおもちゃを両手いっぱいに抱え、とても満足した表情を浮かべていました。スタッフの皆様方の細やかなお心遣い、どうもありがとうございました。

第33回 あさぎりまつり

あさぎりまつり.JPG

11月8日(土)今年も「みんなの手で地域と結ぶあさぎりを」を合言葉に、第33回あさぎりまつりが開催されました。当日は肌寒く、あいにくの雨模様でしたが、地域の小学生を中心に多くの方々が朝霧荘を訪れました。おしるこ、おでん、ポップコーン、わたがし、プラバン、バルーンアート、輪投げ、フリスビーなど、どのコーナーも大盛況でした。保護者の皆様方が担当してくださった「サイコロふくびきコーナー」も多くの子どもたちが訪れ、延べ人数で300人ほどの参加がありました。ボランティアの方々も40名ほどが参加していただき、各コーナーでお手伝いをしていただきまつりを支えてくださいました。今後も地域の方々との交流を図り、子どもたちにとって楽しいあさぎりまつりであり続けるよう、職員一丸となって取り組んでまいりたいと思います。

2009年01月10日

面会日 もちつき

もちつき.JPG


1月18日(日)の面会日は親子で餅つきを行いました。たくさんの親御さん、ご兄弟の参加があり、とてもにぎやかな雰囲気の中で行われました、朝霧荘では以前、12月に餅つきを行っていましたが、せっかくのことならご父兄と一緒につくことで、子ども達もより楽しめるのではないかと考え、1月の面会日に行うことになりました。親御さんと一緒の餅つきに、子ども達はとても生き生きしていました。中には初めて餅をつく子どももおり、杵の重さに驚いていた子もいました。つきたてのやわらかなおもちは、砂糖醤油でおいしくいただきました。また、お母さん方を中心に作っていただいたあんころもちは、おやつの時間にいただきました。

2009年01月03日

年頭のごあいさつ

初日の出.JPG


 あけましておめでとうございます。今年は良い年でありますように心から祈りたいと思います。
 社会情勢が良くないと昨年は言われましたが、今年はきっと良くなる事と信じていきたいと思います。私達、社会福祉に携わる者の努力の年だと考えています。障害者自立支援法の施行で、障害を受けている子ども達も、この法律のもとでは本来の子育てが難しくなっています。なぜなら、この子ども達だけが児童福祉法ではないからです。子育てに何らかの問題や課題があって、支援を求めておられるご家族に対して、お応えをしていくことが児童施設の役割であると考えています。子育ては、私たち施設や学校の生活ですべてが解決できるのではなく、ご家族のお力を頂かなければできるものではありません。子ども達は、ご家庭から離れ、日々努力し頑張っています。子ども達が生活の中で変化し、成長していることを確かめて頂ける事を、職員一同願っているところです。私たちは、子ども達が少しでも早く、ご家族のもとで生活できるよう努力して参りますので、今年もよろしくお願い致します。

Copyright(c)2003 wakoikai. All Rights Reserved.